本文へスキップ

旧:関西操体バランス運動研究会

電話でのお問い合わせはTEL.06-6645-7287

soutai87genki@yahoo.co.jp

橋本敬三(操体法 創始者)

操体法の創始者・・・橋本敬三

 明治30年 福島市生。
 大正10年 新潟医専卒(専攻:生理学教室)
 大正12年 東北帝大医学部、藤田敏彦教授の許に入室、
       生理学を専攻。

 大正15年 函館市の民間病院に赴任。
       四ケ月目に同院閉鎖のため失業。
 昭和2年  函館市の学校衛生技官となる。
       屋内運動場の防塵法を開発するなど功績を挙げる。
 昭和4年  友人が新しく同市に開設した社団法人病院を助けるため、
       市の技官を辞めて協力し、外科部門を担当して
       五年間奮闘する。

   以上、数年間の体験の中で、民間療法の臨床上の効果に開眼、
   東洋系物療はもちろん、あらゆる療法を漁って多くの名人達の
   技術を吸収する。
   この間に後のレーベンステーマとなるものとなるものをつかむ。

 昭和8年  独立して函館市中央部に橋本敬三診療所を開設、
       漢方を併用、全科で開業。多くの経験を積む。
 昭和12年 かねて研修の生体の歪みとその矯正の問題に確信を
       得たので、その構想をまとめたところへ支那事変が
       勃発。 
 同年8月  徴集応召に際し、友人に託したこの原稿が
       「漢方と漢薬」誌に発表される。
       「求学備忘録」の数篇で、橋本の主張の第一声となる。

昭和15年 応召より帰還、一度函館の診療所を再開したが、
 昭和16年 暮れに仙台に引き揚げ、現在の住所に温古堂医院の
       看板を掲げる。


   「温古」の名称は、このとき相談にのった藤田敏彦教授の父君が
    温知社 浅田宗伯の門弟であったことに由来する。

 昭和19年 暮れ再び赤紙で応召、北鮮に配属され、
       終戦と共にソ連に抑留されたが、昭和23年夏無事
       帰還。

 昭和26年 日本医事新報その他に執筆を開始する。
       一方、昭和24年より48年まで仙台の赤門学志院で
       講義を続け、資格試験委員をも勤める。

  この間、運動系の研究を深めるとともに生体の自然法則との
  関係にまでその理論を発展せしめて、医界への警鐘を鳴らし続ける。
  しかし、医学会からは何の反応も得られず、ついに筆を折らんとした
  昭和50年頃を境に、逆に一般民間の支持を得て一躍マスコミの
  寵児となり、温古堂先生の「操体法」として世に迎えられて今日に
  至る。

操体法の誕生

 
=操体法の誕生(橋本先生の回顧録)=

 (函館での)病院時代は五年続いた。おもに外科を担当したが、
  なんでもやった。わからないことだらけ。
 医学書通りではさっぱりダメ。
 誰でもクリニック(臨床)に入って一年くらいのときは、一番光明を
 胸に抱くときだろう。それもなく、暗黒の壁に最初からぶつかる
 とは自業自得というのかもしれない。

 患者は、医者がダメなら民間療法に走って行く。
 そして、患者は民間治療である程度満足しているようだ。
 そんなら、こっちも民間治療なるものの実体を知りたい!と思って
 漁りだした。

民間治療を漁るなかで、私は、痛いことをしないで、痛くない方向に
 動かして治す方法があることを知った。
 骨を動かすのである。 私にはピンときた。
 骨格(体の基礎構造)と疾病とは関係があるな。
               ≪生体の歪みを正すの一部から≫

 高橋迪雄氏の『正體術矯正法』と称する自力矯正法 
 骨格の歪みを矯正するにあたり、その自然治癒の姿勢をおのずから
 とらせる。
 そして、運動自力を利用してこれを成功させようというのである。

 すなわち、歪んでいる所を正しい元のすがたになるように軟らかい力を
 入れさせる。
 この際、体の他の所は、できるだけこれを妨げない姿勢をとらせる
 ようにする。すなわち無駄な力を脱力させるようにする。

 このような力を数秒入れさせておき、充分矯正されたその瞬間、
 急に脱力させるのである。
 そうすれば、歪みは正体に還元せられたまま、その位置に
 おさまってしまう。


 脱力が瞬間的なほど効果的であって、いくら矯正位置をとらせても
 徐々に力をぬいたのでは元の不正通りになってしまう。

 

著書

1.国分 壮氏との共著『鍼灸による即効医療』
         (医歯薬出版 昭和40年)

2.『万病を治せる妙療方法』(農山漁村文化協会 昭和52年)

3.『からだの設計にミスはない』(柏樹社 昭和53年)

4.『生体の歪みを正す』(創元社 昭和62年)



橋本敬三の語録集(おんころや語録集)


 橋本敬三先生は、温古堂で治療を続けながら、素晴らしい言葉を
 遺されています。
 橋本先生を偲ぶ”おんころや語録”
 橋本先生の人柄が出ていますよ。